料金

特別な輸送サービスを受ける場合に、運賃に加えて支払うサービス利用料のことを「料金」といいます。

旅客鉄道の場合、「運賃」は"旅客の運送に対する対価"とされているのに対し、「料金」は運送以外の"施設の利用や付加サービスなどに対する対価"とされています。主な料金には、「特急料金」「急行料金」「座席指定料金」「入場料金」などがあります。

特急料金や急行料金が運賃とは別に認められているのは、特急・急行列車が普通列車に比べて、速達性に対する価値が高く、施設やサービスの質が優れ、高速運転を行うために超過的なコストが必要なこと、などが理由としてあげられます。

また、特別車両料金(グリーン料金など)・寝台料金などは、特別な施設の利用に対する対価であり、入場料・払戻手数料は、役務に対する対価とされています。

料金の上限の設定や変更は、国土交通大臣の「認可」が必要ですが、上限の範囲内であれば事前の「届出」によって設定・変更することができます。また、入場料金、払戻手数料には特に規制が設けられていません。(→運賃

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介