改定率・増収率

運賃改定により運賃が引き上げられれば、それまで鉄道を利用していた人々が他の交通機関を利用したり、電車で買い物に出かける代わりに近くの商店街で済ませたり、といったように旅客の行動に変化が生じます。こうした変化を考えて、運賃改定前と改定後の旅客運賃収入の増加率を算出したのが「増収率」です。これに対し、実際に運賃がアップされる率を「改定率」といいます。いずれも運賃改定の際に話題になる言葉です。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介