鉄道Q&A

踏切事故などにより列車ダイヤが乱れたときは、どのようにして正常ダイヤに戻しているのですか?

列車の運行状況を監視する指令員(司令員)により、運行列車数の減少や運転順序の変更などを行います。この作業を「運転整理」と言い、ダイヤ変更の情報はコンピューターに入力され、その情報が信号機やポイントなどに瞬時に伝えられて正常ダイヤに戻していきます。

[解説]

踏切事故や自然災害、車両の故障などによって列車のダイヤが大幅に乱れることがあります。そのまま遅延を放置するとたちまち複数の列車に影響し、正常な運行を大幅に狂わせ、事故の原因にもなりかねません。

そこで、踏切事故などで列車の遅延が発生した場合は、総合的に列車を監視している運行管理センターの指令員(司令員)により、列車種別、行先、他の列車との接続、運転間隔などから、運転順序の変更がコンピューターに入力されます。その情報は、乗務員をはじめ信号機やポイントなどに瞬時に伝えられ、正常ダイヤに戻していきます。

このような一連の作業を「運転整理」といいますが、指令員(司令員)は短い時間内で膨大な課題を解決しなければならないため、運転整理はたいへん難しい業務だといわれています。(→鉄道用語事典「運転整理」)

運転指令所.jpg
運転指令

その他鉄道Q&A

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介