民営鉄道協会からのお知らせ

2008/12/18データ平成20年度 駅と電車内のマナーアンケートを実施しました!〜5年連続で「座席の座り方」が迷惑行為ランキング 第1位〜

 (社)日本民営鉄道協会(東京都千代田区・会長 佐藤 茂雄)では、本年10月1日(水)から11月30日(日)の2ヶ月間、当協会のホームページ上で「平成20年度 駅と電車内のマナーに関するアンケート」と題して、お客さまからマナーに関するアンケートを実施いたしました。このたび、当該アンケートについて結果を集計しましたのでお知らせいたします。

 アンケートでは、「お客さまが最も迷惑に感じる行為(総合)」として第1位に「座席の座り方」(有効回答数の15.6%)が選ばれ、今回で5年連続となりました。

 「お客さまが最も迷惑に感じる行為(時間帯別)」においては、平日朝ラッシュ時では「ヘッドホンからの音漏れ」(19.1%)、平日深夜では「泥酔状態での乗車」(35.8%)、土曜・日曜・祝日では「電車内で騒ぐ」(21.0%)が第1位に挙げられるなど、時間帯別・曜日別でそれぞれ特徴が出ています。

 また、「駅や電車内でのマナーは以前に比べて改善されたと思いますか?」という問いには、「とても改善された(1.1%)」・「少し改善された(23.1%)」とする回答(計24.2%)を、「とても悪化した(15.7%)」・「少し悪化した(17.1%)」とする回答(計32.8%)が上回りました。

 当協会では、今回のアンケート結果を踏まえて一人でも多くのお客さまに、より快適に駅・電車をご利用いただけるよう、ご理解とご協力を呼びかけてまいります。

詳細はこちらをご覧ください   PDF 

【調査概要】

○調査期間  平成20年10月1日(水)〜11月30日(日)

○内   容  駅と電車内のマナーに関して

○調査方法  当協会ホームページ(http://www.mintetsu.or.jp)にて

○回答総数  813件

年別に協会からのお知らせ一覧を読む

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介