民営鉄道協会からのお知らせ

2008/12/16イベント 身近な防犯「こども110番の駅」を見つけた!〜昭和女子大学附属昭和小学校の文化祭発表〜

 昭和女子大学付属昭和小学校3年生のみなさんは、総合学習で「私たちの町」を勉強しています。その中で一番印象に残った「地域で取り組んでいる防犯」を改めてみなさんで調べて、文化祭「昭和祭」(11月8日(土)開催)で発表されました。その中で「こども110番の駅(註1)」についても発表して下さっているとのこと。さて、どの様な発表なのでしょうか・・・。文化祭におじゃまし、みなさんのお取り組みを見学させていただきました。

詳細はこちらをご覧ください   PDF 

(註1)
「こども110番の駅」
 近年登下校時においてこどもが被害に遭う事件があることから、より安全・安心な地域づくりに貢献するため、当協会はJR・公営事業者等に働きかけ、2005年関西地区で実施された「こども110番の駅」の取り組みの全国展開を、2006年より図っています。2008年4月1日現在で全国169社局2,865駅にまで拡大。この取り組みを通して、地域のみなさまにより一層安心してご利用いただける駅づくりを目指しています。

年別に協会からのお知らせ一覧を読む

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介