コミューターレール

コミューター(commuter)とは定期乗車券を使う通勤者を意味します。つまり、コミューターレールとは通勤線のことです。輸送人員の中で定期券利用者が圧倒的に多い都市民鉄は、コミューターレールとしての性格が強いといえます。

とくに、大都市圏では住宅地域が周辺部に拡大し、通勤輸送の需要が増加しているので、各社は路線の延長、他社との相互乗り入れ、列車編成の長大化など輸送力増強を図っています。

通勤線という性格を強めたことで、設備投資の多くがラッシュ時の輸送力増強に投入されている点が、民営鉄道運賃を知るうえで重要なポイントとなっています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介