交通広告

車内の広告をはじめ、駅構内のポスター、かんばん、ネオン、ショーウインドーなど、移動空間は広告媒体として活用されています。交通広告は、ある特定の地域や沿線居住者に対して集中的にPRできるので、マスコミ媒体と並んで、最近ますます注目されています。特に、車内広告は最も注目度が高く、効果的なものとして評価されてきています。

一方、利用者から見ると、これはきわめて豊かな生活情報でもあり、活用次第では実用的な情報源となります。このほか、吊革やドアの注意標、停車位置標などに広告主とタイアップするケースも多くなり、交通広告は洗練化されてきているといえるでしょう。

最近ではデジタル広告が普及してきており、見やすく、情報量も多くなっています。

同カテゴリ(駅にあるもの)のその他用語

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介