公共輸送機関

交通と生活は、切っても切り離せない関係にあります。特に鉄道など大量輸送機関は、誰でも、いつでも自由に利用できる状態にあることが理想的であり、そのためには安定した経営基盤の公共性の強い事業体が運営することが望ましいといえます。自動車交通でも、通路となる道路、信号は公共施設です。公共大量輸送機関としては、鉄軌道、バス、タクシー、航空機、船舶などが代表的ですが、国内の総輸送人員に占める割合は鉄道が最も多いです。

民鉄は、時代の変化やニーズに対応しながら、よりよい公共輸送の実現を求められています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介