共同使用駅

2つ以上の輸送機関(交通事業体)の接続駅など1つの駅を共用している場合を指します。一方の運輸機関が他の輸送機関の駅務の代行を含めて一元的に扱っていることが多いです。

運輸機関がそれぞれ施設を設けるのは経費が余計にかかり、業務も重複するだけでなく、お客さまにとっても不便なことがあり、共同使用駅そのものを設ける段階から共同の合意があって、連絡設備の設計や駅務の内容、その処理方法などについても協議します。

その延長線上にある駅共同使用契約は、駅ごとに関係各社間で結ばれ、駅務の区分と範囲、共同設備の使用範囲と保守の範囲、共同使用負担費の算出方法と清算方法などが定められます。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介