軌間

軌間は左右レールの頭部内面間の最短距離を指します。日本ではレールの上面から14mm以内の頭部の最短距離を軌間(ゲージ)としています。東京、大阪などの大都市圏では各社間の相互直通乗り入れが増えていますが、この場合は同じゲージであることが前提となります。

世界で初めて実用化された英国の鉄道の軌間は1,435mmだったので、これが国際的に標準軌間(標準軌=standard gauge)と呼ばれています。これより広いものを広軌(broad gauge)、狭いものを狭軌(narrow gauge)といいます。

大手民鉄16社の軌間も1,435 mm、1,372mm、1,067mm、762mmと分かれています。

京成、京急、京阪、阪急、阪神の全線、近鉄の幹線、西鉄の天神大牟田線、それにJRの新幹線は標準軌間です。JRの在来線は1,067mmとなっています。

一般的に、軌間が広いと建設費もかさみますが、車両の動揺が少なく、曲線での高速運転もしやすいようです。軌間は曲線部ではやや広げてあります。車輪の直径のサイズなども軌間の種別ごとに決められています。

並行している2つの軌道の中心線間の距離を軌道中心間隔と呼びます。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介