カント

カーブを走る列車は、遠心力の作用によってカーブの外側に押される形になります。そこで遠心力の影響を少なくするため、カーブ外側のレールを内側よりもやや高くします。このように2つのレールの頭部上面に高低差を設けることをカントといいます。この設計によって乗客の体に感じるカーブの影響も少なくなります。

カントは曲線半径、列車速度、軌間による計算式で算出できます。遠心力は、列車速度が速いほど大きく、また曲線半径が小さいほど大きいので、それに応じてカントも大きくしなければなりませんが、安全面から限度があります。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介