改札

お客さまが持っている普通乗車券、定期乗車券、回数乗車券など有効な乗車券類を確認することを指します。原則としてホームに入ったり出たりするときの改札口で行いますが、車掌が車内やホームで改札する場合もあります。具体的には発着駅名、日付、有効期間、途中下車印などを確認します。

最近では改札業務の機械化が進み、有効か否かを人(駅員)の目で判断するのではなく、自動改札装置に任せるようになっています。普通乗車券などの磁気式乗車券では券の裏面に、共通ICカードではカードに内蔵されたICチップに乗車駅や有効区間、有効期間などを記録しておき、自動改札機ではその情報をもとに、有効か否かの判定や運賃の収受、集札などを行います。

このシステムをデータ集計機と連結すると、時間帯別・改札口別・券種別の利用者数、発駅・着駅別の利用者数が自動的に集計できます。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介