置石

置石は列車妨害の種類の中で最も多いものです。列車の安全走行を脅かす、踏切上 の障害物に対しては、踏切障害物検知装置があり、年々普及してきましたが、これは踏切道の中という限られた地域で、主として自動車を対象として検知するものです。

ところが置石に関しては、列車妨害となる区域が長大で、また対象物の形状等も多岐にわたるために、これを全てカバーできる検知装置の開発および設置は極めてむずかしいものがあります。

列車に装備された排障器である程度まで置石を排除できますが、排障器に触れない程度の大きさの石には効果がありません。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介