駅長

鉄道の駅長は、一般的には駅施設とその駅務、駅務員の管理、指導を任務としており、民鉄各社によって決められた責任と権限があります。しかし、駅長の任務は駅周辺や駅勢圏全体にも及んでおり、地域社会との接点としても大きな役割を担っています。

民鉄の場合、ターミナル駅を除くと、1人の駅長が2~3の駅を同時に担当することも少なくありません。最近は情報化が進んだことから、駅単位でなく、駅務区単位で集中管理するケースが増えています。この場合は、各駅にいる助役が駅長業務を補佐します。

駅長は地域社会との接触の機会が多く、地域の小中学生の団体利用や、商店会との折衝、沿線の観光地旅行のプロデューサーのような役割も果たしています。

同カテゴリ(鉄道マン)のその他用語

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介