駅ビル

駅ビルは、日本の経済成長期に都市の過密化が進み、駅施設に必要な空間が十分確保できなかった時期、駅舎とデパートなどを一体化した施設として登場しました。限られた土地の有効利用を目的にしたもので、欧米諸国にはみられない日本的な発想で、新しい都市開発の一例として話題になりました。大手民鉄は鉄道とデパート、スーパーなどを経営する場合が多いですが、近年は大型駅ビルにオフィス、ホテル、カルチャースクール、スポーツ施設も参入し、テナントはさらに多様化しています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介