位置によって分類すると、多くの列車が始発着する「終端駅」(terminal station)、路線の中間にある「中間駅」、ある線から別の線に分岐する位置にある「分岐駅」、2つの線が接近し、お客さまの乗り換えが可能な位置にある「接続駅」、2つの線が交差する位置にある「交差駅」などがあります。本線の中間駅がその駅から分岐する線の終端駅という場合もあります。

構造・形態でみると、「橋上駅」「地下駅」などに分類することができます。橋上駅は、ホームと線路の上をまたぐ形で橋を架け、そこに駅舎を設けたもので、用地が少なくて済むという利点があります。既設の駅の改良に合わせて橋上駅化する場合を含めて増えつつあります。

一方、地下駅は、駅舎部分が地下に設けられています。地形の面などから採用され、また、既設の地上の線路を地下化する場合もあります。換気や地上との連絡設備、防災施設など地上駅にはない設備を必要とします。

駅は、ホーム、乗車券・特急券などを発売する出札口、お客さまが持つ乗車券類を確認する改札、新聞・雑誌等の物品を売る売店、お問い合わせに答える案内所、お客さまのための待合室、トイレ、駅員の執務室などの建造物で構成されます。このうちホームを除く機能を集めた建物を駅舎と呼びます。売店、待合室などがホームに置かれている場合もあります。

駅は、ターミナルに限らずその地域の広場でもあるので、その設計には工夫を凝らしています。最近は、お客さまが乗降する場所だけでなく、地域の人々の生活や文化、情報の拠点となる傾向が強く、駅ビルの多機能化も進んでいます。

同カテゴリ(基本用語)のその他用語

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介