異常時の総合訓練

鉄道事業は、お客さまを安全、確実に目的地に輸送することが最大の使命です。万が一、不測の事態が発生した場合でも、速やかにお客さまの安全を確保し、現場の復旧に全力をあげることになります。こうした事態に備え、異常時の総合訓練を実施しています。

訓練では「列車で火災事故が発生!」、「閉鎖中の踏切にトラックが突っ込み、列車と衝突!」といった具体的なケースを想定し、それについての対応を訓練します。

訓練の手順は、基本的には(1)事故発生時の連絡通報、(2)乗客の避難誘導、(3)負傷者の救護、(4)復旧作業などです。こうした訓練の他、地震、台風の自然災害を想定した防災訓練も行います。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介