安全の確保

公共輸送機関の基本原則は、何よりも「安全の確保」です。多くのお客さまをお運びするためには事故発生を未然に防ぐ対策が二重、三重に施されなければなりません。さらに「正確」さも重要な条件であり、ダイヤ通りに列車が運転されて初めてお客さまの信頼にこたえることになります。

この「安全性」と「確実性」は密接な相互関係にあり、いわば車の両輪といえます。加えて「快適性」も大切な要素であり、特に豊かな交通文化生活のため、この快適さへの要望は大都市圏の利用者の間で年々高まっています。

大手民鉄各社は、大都市圏の旅客輸送のほぼ半数を担当し、通勤・通学輸送の大動脈として重要な責任を担っており、「安全・確実・快適」という課題に絶えず挑戦し、改善し続けています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介