空港アクセス

国内の空港は、1994年9月開港の関西国際空港や、2002年4月に暫定平行滑走路が使用開始となった成田国際空港、2004年12月に第2旅客ターミナルがオープンした羽田空港、2005年2月開港の中部国際空港など、国際線・国内線空港が拡充されています。

空港輸送のネックは空港までのアクセスでした。乗用車、バスによるアクセスは、道路の慢性的な渋滞で限界があるからです。そこで、近年は民鉄やJR等による都心からの旅客輸送機関、いわゆる「空港アクセス鉄道」の利便性が評価されています。

日本の空の玄関口、成田国際空港の場合は、京成「スカイライナー」をはじめ京成とJRが空港への直通特急列車を運行しており、その速度性と快適性が好評を得ています。

羽田国際空港へは京急と東京モノレールが乗り入れており、定時運行の輸送機関として好評で多くのお客さまにご利用いただいています。

また、西日本最大の国際空港である関西国際空港も南海「ラピート」やJRが特急列車を運行していて、お客さまのニーズにお応えしています。

2005年2月に開業した中部国際空港には、名鉄の特急「ミュースカイ」が運行されており、空港への重要なアクセスを担っています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介