浸水防止装置・地震計

大都市圏は、地上も地下もコンクリートの建造物や構造物で過密状態にあります。河川は埋め立てられ、台風などで集中豪雨となると、逃げ場のない雨水は地下鉄や地下街に流入する恐れがあります。

こうした災害を防ぐため、地下鉄では浸水の危険のある換気口に、電動式浸水防止機を設けたり、トンネルの出入口にも浸水防止策を講じています。しかし、万一浸水した場合は防水ゲートでトンネルを全面的に閉鎖し、路線を水害から守る方策も準備されています。浸水防止機や防水ゲートは定期的に開閉作動試験、電気部品の点検が実施されています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介