乗車券

明治時代の鉄道開業当時に「切手」と呼ばれていたキップは、正しくは乗車券といいます。運送契約の契約書としての役割があります。普通乗車券については、タテ3cm、ヨコ6cm足らずの小さな紙切れの中にナンバー、日付、区間、料金、社名など、多くの情報が印刷されています。利用者にとっては目的の駅についてしまえば“お役ごめん”となりますが、電鉄会社にとっては重要な情報源となります。乗車券の形、大きさも多様化しています。

ひと口に乗車券といっても、いろいろな種類があり、普通乗車券の中にも片道、往復、おとな、こどもの別があり、定期券には通勤、通学があり、ほかに回数乗車券、団体乗車券、回遊券などもあります。鉄道営業法には、鉄道係員の請求があれば、旅客は乗車券を提示しなければならないとの定めがあります。

同カテゴリ(乗車券について)のその他用語

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介