出札

乗車券類を発売するシステムも機械化が進んでいます。自動券売機で発売される普通乗車券のサイズは、縦3cm横5.75cmですが、この表側には運賃の額、有効区間、発売日、発売駅などが印刷されています。券売機の中にある用紙は、幅3cmのかなり長い紙がロールのように巻かれた形で入っています。中には長さ300mの用紙もあります。

乗車券を買おうとするお客さまが運賃分かそれ以上のお金を入れ、運賃のボタンを押すと、5.75cmに切り、必要な事項を印刷して出てくる仕組みになっています。

同カテゴリ(乗車券について)のその他用語

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介