車輪

鉄道車両の車輪は車両の重量を受けながら車軸を中心に回転し、レール上を走ります。一般的に車輪は1万km走ると平均0.1mm程度摩耗するといわれます。

車輪は走るために使われるだけでなく、ブレーキをかけたときにモーターの回転を低下させるか、制輪子(brake shoe)を押し付けることによって車輪の回転を抑え、車両を停止させるためにも用いられます。

なお、輪重(wheel load)は、軌道に及ぼす車輪ごとの垂直方向の分担荷重のことをいい、動輪(driving wheel)は、モーターやエンジンからの動力を受けて車両を動かす車輪を指します。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介