車側灯

鉄道車両の側面についているランプのことで、ドアが開くと点灯し、閉まると消える仕組みになっています。発車の際には車掌はすべてのランプが消えたことを確認し、運転士にブザーなどで合図を送ります。ランプが点灯している車両は、荷物やお客さまの体の一部が挟まってドアが完全に閉じていないことを示します。

また、駅員も車側灯を確認して車掌に手旗や合図灯で知らせます。しかし、最近は昔と比べホームが長くなり、車側灯や駅員の安全確認の合図が見にくい駅が多くなっています。そこで、ホーム監視テレビや駅員がボタンを押して車掌にドアの開閉状況を知らせる表示灯を設けています。ドア開閉の車側灯の確認作業は列車の安全運行と正常運転確保のために重要です。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介