時差通勤・通学

大都市圏の通勤・通学輸送ピーク時の混雑を緩和するため、政府は昭和30年代から時差通勤・通学を呼びかけ、首都圏、京阪神圏だけでなく、その後中京圏、福岡地区、仙台地区にも拡大して推進しています。

抜本的な改善は、複々線化・複線化など大規模工事による輸送力増強以外にはありませんが、用地買収などの関係で実現するにはかなりの歳月を要します。そのため、首都圏ではラッシュ時対策としてフレックス・タイムの導入など、時差通勤・通学をさらに推進するため、企業や学校などに呼びかけるとともに、ポスターなどでPRをしています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介