三大都市交通圏

首都圏、中京圏、京阪神圏の、いわゆる三大都市交通圏は、都市の発展と有機的に結合しながら、その交通領域を広げてきました。その過程で、大手民営鉄道を中心とする都市鉄道の路線網の拡大や、列車の高速運転は大きな役割を果たしてきました。

国土交通省の大都市圏、地方経済圏を対象とする都市鉄道の整備計画も、運輸政策審議会や地方交通審議会で示された答申を基に進められ、民鉄、地下鉄、JRを有機的に結びつけた都市圏交通網が整備されています。

三大都市交通圏のうち、首都交通圏は東京駅、京阪神交通圏は大阪駅から半径50kmの範囲を示し、中京交通圏は名古屋駅から半径40kmの範囲を指します。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介