サービス向上

大手民鉄各社は「安全対策の強化」、「輸送力の増強」とともに「サービス向上」を三大目標として、巨額の投資を行なっています。サービス向上は、安全対策、輸送力に比べると、利用者のニーズが多様化しているだけに、力点の置き方が難しいものがあります。

設備投資は駅施設の改善、車両の冷房、ラッシュ時の混雑緩和などに向けられますが、車両冷房は大手民鉄のほぼ100%が冷房化を達成しました。最近は駅務員や乗務員の接客態度など、ソフト面のサービスに対する要望も強く、各社とも接遇教育に力を入れています。また、生活情報の一環として、沿線情報の提供も積極的に行っています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介