戸閉保安装置

列車が一定速度以上で走っているときは、車掌が誤って客室ドアの開閉スイッチを入れてもドアが開かぬようにしてある装置があり、それを戸閉保安装置と呼びます。多くは時速5km以上になったら、開閉スイッチは作動しないようになっています。最近の車両はお客さまの安全確保のため、この装置が設置されています。もちろん、列車が駅で停車すれば直ちにロックは解除され、ドアを開くことができます。

新交通システムなどでは、車両の停止位置が正常の位置から一定範囲内以上ずれると、ドアが開かない装置もあります。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介