電力消費量

鉄道で使う電力は、電車を動かす運転用電力と、駅の照明、信号機、踏切警報機などに使う付帯用電力に大別され、運転用電力は全消費量の約80~90%を占めています。

産業界が使う電力料金は、基本料金と電力量料金で横成されています。基本料金は契約種別、受電電圧、契約電力量で決まります。電力量料金は、使用した電力量に受電電圧や季節による料金単価を乗じた料金です。

鉄道は他の交通機関よりもエネルギー効率が高く、環境にやさしい乗り物です。省エネ、環境保全型の輸送機関といえます。民鉄各社は、省エネ努力を続け、電力消費量の削減を進めていて、効率のよい回生ブレーキ付きの電車や、軽合金による軽量化車両を積極的に導入しています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介