鉄道の日

わが国に近代化をもたらした鉄道。その鉄道は明治5年(1872 年)10月14日、新橋~横浜間を陸蒸気(SL)が、礼砲が轟く中、時速30数kmで走り開通しました。旧運輸省、民鉄、JR、日本旅行業協会など関係機関が、鉄道の日実行委員会を作り検討した結果、毎年10月14日を「鉄道の日」と定めました。

第1回鉄道の日は、平成6年10月14日に東京で関係者が集まり、記念式典や「21世紀の日本と鉄道の役割」と題するシンポジウムが行われました。

公募した鉄道の日のイメージマークは2,487点を選考の結果、鉄道の明るい未来をデザインした盛岡市の商業デザイナー柏木勇三氏の作品に決まり、“テッピー”と名付けられました。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介