鉄道

「鉄道とは何か」。という質問に対しては、さまざまな答えが予想されます。「日常生活やビジネス、レジャー・観光に欠かせない移動手段」、「安全、確実で効率的な乗り物」、「省エネ、環境保護型の大量輸送機関」、「暮らしの生命線」、「効率よく線路の上を走る車両」……などが挙げられます。

しかし、鉄道の定義は「レールを敷いた専用通路上」を「人と物を迅速かつ大量に運送する一切の設備と、人を含む事業」ということになります。最近は高速鉄道網の発達から人、物の移動が増え、これが国内、国際間の情報通信の発展を促している、との回答もあります。

一方、軌道というのは、法規上は路面電車のように道路上に敷設されたものをいうが、もう1つの定義として、列車が通る道の意味にも使われます。

民鉄の経営は、鉄道事業法、軌道法の規制を受けており、法的には鉄道と軌道で、かなりの相違があります。しかし、事業者の経営形態はこうした区分が必ずしも明確でないため、各種統計などでも両者合わせて「鉄・軌道」と呼ばれています。

同カテゴリ(基本用語)のその他用語

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介