通勤用車両

大都市圏の民鉄は、通勤圏の拡大から住宅地と都心、副都心を結ぶ“通勤線”の性格が強いといえます。このため車両も特に通勤用を意識したものになっています。車体を大きくし、ロングシートの採用による定員増、ドアの増設など混雑時の輸送に対応できる車両が主流となっています。

大型車両による編成の長大化、運転間隔の短縮や、複々線化によって輸送力の増強を進めています。車両構造だけでなく、モーターの出力、制御装置の性能改善などで安全、確実性にも配慮した車両となっています。

現在の通勤用車両には乗り心地の良さ、快適性も求められており、各社は通勤用電車の開発でもお客さまへのサービス改善に努めています。遠距離通勤者向けには整理券を買うと、全員が座って通勤できる電車も導入されるなど、通勤電車も多様化時代に突入しています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介