第三セクター

第三セクターは、元々は地域開発や新しい都市づくり推進のため、第一セクター(国や地方公共団体)と、第二セクター(民間企業)が共同出資して設立された事業体をいいます。

鉄道でこの形態の会社が話題となり始めたのは、旧国鉄の赤字線廃止の計画が具体化したころで、赤字線の存続を図ろうとする地方の関係者が、次々と第三セクター方式を発表しました。

岩手県三陸地方を走る三陸鉄道、茨城県・鹿島臨海鉄道、石川県・のと鉄道などは、旧国鉄線から第三セクターに転換した鉄道です。第三セクター方式に転換後の経営は、比較的に好調な会社と経営難の会社に二分されます。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介