対キロ区間制

営業路線の一定距離を基準にいくつかの区間に分け、乗車した距離に応じた区間運賃を算定する方式です。大手民鉄の多くがこの方式を採用しています。例えば3km以内は120円、4~29kmは5km 増すごとに30円を加算、そして30km以上は6km増すごとに40円加算…というような運賃制度です。

その区間を狭くすると対キロ制に、広くするとゾーン制に近づきます。都市交通の場合、都市の規模や旅客の需要構造によって採用される運賃制度も変わってきます。

同カテゴリ(運賃について)のその他用語

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介