閉そく方式

全路線を一定の区間別に分割し、1つの区間に1列車以外走らせない方式のことで、列車の安全運行システムの基本となります。自動閉そく方式がその代表的な方式です。

これは先行する列車が2区間以上離れている場合は信号機が青(進行)、1区間のときは黄(注意)、次の区間に列車があるときは赤(停止)を示すシステムで、列車の有無はレールを流れる信号電流によって検知します。

その他車内信号閉そく方式があり、これは閉そく区間の列車の有無と許容される運転速度が自動的に運転室内に表示されるものです。

線路が単線である場合は自動閉そく方式のほか、その区間の列車運行に必要なタブレット(通行票)を受け渡しすることで、同じ駅間に2列車が運行できないようにする方式が導入されています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介