振替輸送

都市交通のネットワークは民鉄とJR、鉄道とバス、地下鉄などが複雑に入り組んだ形で成り立っていますが、通勤・通学に利用する人々はその中から自分に最も効率のよいルートを選択して利用しています。しかし、事故や故障などのためにその一カ所にトラブルが起これば、その影響は広範囲に及びます。

そこで万が一事故が起こった場合には、各事業体や路線当事者の間で速やかに連絡を取り合い、迂回、乗り継ぎなどの手段を利用者に伝達しながら混乱を避けます。いわば、旅客輸送の“応急措置”ともいうべきものです。この場合緊急時には、他の路線の乗車券・定期券でも利用できるようにする場合もあり、また時間的にある程度長時間になれば、振替乗車票を発行することもあります。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介