踏切障害物の検知装置

民鉄は安全運行、輸送力増強、交通渋滞緩和のため踏切の統合、整理や道路との立体交差を進めています。残る踏切も遮断機、踏切警報機が設けられ整備されています。しかし、踏切内で自動車などが何らかの原因で立ち往生するケースも考えられます。

このため踏切内でエンストを起こした自動車などを自動的にキャッチした場合、信号を赤に切り替え、列車を自動的に停止させる装置が考案されました。これが踏切障害物検知装置です。

検知方式としては(1)光を利用した光電式、(2)音波を利用した超音波式、(3)電磁作用によるループコイル式などがあります。

また、踏切で起きた障害を中央の運転指令所に連絡する踏切集中監視装置も設置されています。障害は運転指令所の監視盤にその踏切のある駅間が点灯表示されます。運転指令者は直ちに列車無線などで運転士に注意を促し、列車は徐行運転を行います。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介