踏切事故

鉄道事故の中で最も被害の大きいものは踏切事故であり、交通安全運動の重点もここに置かれています。

踏切事故原因は自動車の直前横断や落輪、エンストによる事故が多くあげられます。自動車の中では、普通乗用車が最多です。

踏切事故は安全輸送を脅かすばかりでなく、住宅密集地では周辺に及ぼす被害も時には大きくなります。大手民鉄では、線路の立体化、踏切道の整理統合を進める一方、残る踏切に警報機や自動遮断機を設置し、さらに踏切支障検知装置、踏切集中監視装置などの設置を押し進めて、事故防止にたゆまぬ努力を続けています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介