表定速度

列車が駅間を走る時間だけでなく、これに途中駅の停車時分を加えた運転時間つまり表定時間で列車の運転区間の距離を割り得た速度です。

表定速度=運転区間の距離÷運転時間(走行時間+停車時分)

一方、平均速度は運転区間の距離を実運転時間で割った速度を指すので、停車時分は計算に含みません。停車時分は停止してから動き出す瞬間までの時間で、駅ごとに乗降客数を基本に決められています。

平均速度=駅間(または運転区間)の距離÷走行時間

このため平均速度は表定速度を上回りますが、列車の速さを比べるときには表定速度を用いるのが一般的です。

このほかに最高速度があり、これはカーブやこう配などの線区の線路条件によって定めたものと、車両の性能の1つとして車両が出せる最高の速度の2通りがあります。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介