モノレール

1本のレールで走る交通機関のことをいい、レールをまたぐ形(跨座式)の本格的な実用化第1号は浜松町と羽田空港を結ぶモノレール羽田線(東京モノレール:昭和39年9月17日開業)です。東京オリンピック関係者の輸送にも利用されました。

同線は、ゴムタイヤの車両が時速80kmで走っていますが、それまでの鉄道車両とは違った新しい技術が数多く採用されました。実際に走ってからは技術的な課題が表面化したもののその後克服されました。それは、北九州市モノレール・大阪環状モノレールなどにも取り入れられました。

一方で、懸垂式は車両の車体部分がレールから垂れ下がっているタイプのことをいい、湘南モノレール・千葉都市モノレールが採用しました。いずれも用地が支柱と駅などに限られ、建設コストが安いのが利点です。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介