路面電車

道路上に敷設された線路を走る電車のことで、最近は各地のSL復活と歩調を合わせ、昔懐かしい“チンチン電車”に人気が集まっています。都電、市電や鎌倉~藤沢間を走る江ノ電など、路面電車は健在です。

路面電車はかつて都市交通の花形として全国主要都市で、市民の足として活躍していましたが、自動車交通の発達から次々と姿を消しました。これは道路の混雑で輸送需要に追いつけず、輸送コストも割高となり、経営難となったためです。都市内部の面的な交通は地下鉄、バスが主役となっていますが、路面電車は地下鉄とは違った魅力があるとの意見が多くあります。また昨今、従来型の路面電車に比べ、表定速度、輸送量、乗降時の不便さを改善する新しい交通システムとしてLRT(Light Rail Transit)が注目されています。

特に「超低床」という路面電車本来の長所を高め、電車の乗降口と停留所のホーム面との段差を無くすとともに、電車の通路部分全てが同じレベルのフラット床であることから、高齢者、身障者にも乗降が容易です。欧米諸国で誕生しましたが、現在日本でも徐々に導入されており市民の生活により密着した交通システムとして注目を浴びています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介