列車種別の選別装置

鉄道の踏切遮断機は列車が一定距離まで近づくと、作動する仕組みになっていますが、その範囲内に駅がある場合など、普通列車のときだけ踏切の遮断時間が長くなってしまいます。そこで列車の種別(その駅に止まる普通か、通過する急行かなど)を読み取る装置が開発され、踏切遮断機の作動地点を差別・調整できるようになりました。

列車種別の選別装置として一般的なのは、列車にコイルとコンデンサーによる車上子を取り付け、列車種別によって定められた周波数をもたせる方式です。これを線路の間に設置した地上子が読み取り、普通か急行列車かを識別するわけです。

この装置は踏切のほか駅通過防止装置にも応用されています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介