ラッシュアワー

サラリーマンの多い日本では、特に朝の出勤時間帯になると、大都市のターミナル駅を中心にラッシュはピークとなり、ホームでは列車が絶え間なく発着し、駅構内はお客さまでいっぱいになります。

路線によりピークの時間帯は異なりますが、勤務時間の関係で午前7時から9時前後のわずか2時間程度に利用者が殺到する傾向が続いています。

国土交通省、厚生労働省や民鉄各社、JRが協力し、産業界や事業所に時差通勤の実施を呼びかけていますが、抜本的な解決には至っていません。それでも鉄道各社の輸送力増強で、混雑緩和の兆しが出てきています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介