運転保安

運転保安の基本的な要素は人・物・作業方法といわれます。つまり運転作業に適性を持つ者が厳しい訓練によって十分な知識・技能を身につけ、最高の状態に保たれた車両、機械を適切な取扱い基準に基づいた正しい運転方法で扱い、運行することが重要です。民鉄の列車運行もこうした運転保安を基本理念として実施されています。

最大の使命である列車の安全確保については一定のルールが必要です。国土交通大臣が鉄道営業法に基づき省令で定め、鉄道事業者を規制している「鉄道運転規則」は次の3点に要約されます。

(1):社会秩序から統一して規制する規程、(2):鉄道の歴史から経験上体得した事項をルールにした経験法則的な規程、(3):(1)、(2)をもとに運転保安システムを理論的に組み立てた規程。

鉄道事業者は、こうした運転規則や関連の法規を加味した路線の運転取扱い心得を定め、列車の安全確保に努めています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介