運転間隔

都市鉄道は混雑緩和のため電車の運転間隔を短縮し、列車編成も10両、12両など長大化しています。運転時隔は一定の区間で、先行、後続列車間の運行間隔をいいます。

運転時隔はその区間の駅の停車時間、列車の加速、減速性能、運転速度、列車の長さ、信号の機能などを総合的に検討して決められます。

列車運行本数は1路線で運転される列車本数のことで、路線の距離、運転間隔、折り返し時間によって決まります。大手民鉄など都市鉄道は朝晩のラッシュ時に運転間隔が最小となり、この場合列車は最大運行本数に達し、これがその路線での全運行数を示します。全運行数に編成車両数を掛けた数字が使用車両数となるわけです。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介