車両工場

民鉄の車両工場では定期検査としての車両重要部分の点検、整備や車両全体の検査を行い、ほかに臨時検査、各種の改造、改装工事、特別修繕も実施されています。これらの作業は一定期間内にすべて完了させ、車両を再び現場に復帰させなければなりません。このため作業の集中化、自動化や新技術の導入など近代化が進んでいます。

中でも台車、車輪・車軸、主電動機などの作業はすでに自動機器が開発され、流れ作業による点検、整備ラインが確立されている車両工場が多くなっています。車両の定期的な検査は、日常的なものと、分解を伴う大がかりなものがあります。列車検査は、分解しないでブレーキ装置、標識灯、合図装置など主要部分について外部から行う検査であり、「10日間に少なくとも1回」というように短期間で繰り返されます。月検査は、3ヶ月を超えない期間ごとに車両の状態と機能について行う定期検査があり、具体的には集電装置、主電動機、補助回転機、制御装置、台車、ブレーキ装置、連結装置、戸閉装置、蓄電池、車体などの各部についてカバーを取り外すなどして内部を点検、検査します。

重要部検査とは、4年以内、または走行距離が60万キロを超えない期間ごとに動力発生装置、走行装置、ブレーキ装置などの重要な装置の主要部分について行う定期検査のことを指します。具体的にはこうした装置や計器を分解して細かい所まで検査します。

全般検査は、8年を超えない期間ごとに車両の主要部分を取り外して全般的に行う定期検査のことをいい、パンタグラフ、台車、車輪まで外して総合的に調べる最も大がかりな点検といえます。こうした念入りな検査のほか、故障した車両を修繕したときにも検査し、試運転後に使います。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介