動力車操縦者養成所

列車の運転士は、乗客の安全輸送に直接携わる大きな任務があり、厳しい訓練と、日常のチェックが欠かせません。運転士は国家試験に合格しなければなりませんが、大手民鉄の中には、国土交通大臣の指定を受け、それに必要な所定の教習や、国家試験を実施する、動力車操縦者養成所と呼ばれる施設があります。

この施設では、公共輸送を担う者としての責任の重さを認識しながら、技能ばかりでなく、人間養成もテーマとなります。約9カ月間の教習の後、養成所が行う試験に合格すると、国から運転士の免許が交付されます。車掌や駅務員の教習は国家試験ではなく、各社が独自の課程で実施します。

民鉄各社の従業員は、多くの乗客の生命を預かる仕事だけに、その教育の過程は厳しく、内容も多岐にわたっています。例えば、乗務員の場合、運転技術や機械の操作ばかりでなく、鉄道法規、交通地理、利用者への接遇や負傷、病気の応急手当の方法まで会得しなければなりません。

民鉄各社には教習所、研修所、養成所など名称はさまざまですが、それぞれ独自の運転士や車掌の人材養成機関があります。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介