ブレーキ距離

電車のブレーキ距離は、ブレーキをかけてから車両が停止するまでの距難で、鉄道の場合「非常ブレーキで600m以内に停車しなければならない」と定められています。

同じ車両のブレーキでも、条件によってブレーキ距離は違ってきます。例えば列車編成が長く、乗客が満員のときは、お客さまが少ない電車に比べブレーキ距離が伸びます。乗用車も定員5人が乗車した場合や降雨のときなどは、車輪の摩擦抵抗が弱まり制動から停止までの距離が長くなります。

最近の車両は高密度化された輸送形態に対応するためにブレーキ性能が一段と向上しています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介