踏切

鉄道線路と道路が平面交差する部分が踏切です。民鉄では安全のため線路と道路の立体化、踏切の整理統廃合を進めています。残る踏切についても自動遮断機の取り付けなど事故防止への改善に取り組んでいます。踏切は次のとおり分類されます。

〈第1種甲〉自動遮断機を設置するか、踏切保安係を配置し、全列車通過の際、遮断機で道路交通を遮断する踏切。
〈第1種乙〉自動遮断機を設置するか、踏切保安係を配置して始発から終発までの列車に対し、遮断機を閉じて道路を遮断する踏切。
〈第2種〉踏切保安係を配置し、一定時間内の列車に対し、遮断機を降ろして道路を閉じる踏切。
〈第3種〉踏切警報機を設置している。
〈第4種〉第1種から第3種まで以外の踏切。

踏切警報機と自動遮断機は、電車が一定の距離に近づくと自動的に作動します。警報機には2個以上の赤色せん光灯があり、交互に点滅し「カンカン」などの音を発する装置を備えています。特急、急行などの高速電車と各駅停車はスピードが違うため、遮断時間に差が出るので、それをなくすための列車選別装置も登場しました。急行か各駅停車かを選別し、遮断時間を一定にする仕組みです。

同カテゴリ(基本用語)のその他用語

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介