輸送コスト

鉄道経営には、線路や駅、車両、運行・通信施設、車両基地、修理工場など設備の維持、動力や照明のための電力、それに人的、動的なサービスなどに多くの費用がかかります。これらを合わせたものを輸送コストといいます。

民鉄では、自動化・機械化された列車運行システムの導入や自動出改札による駅業務の効率化、省力化、保線作業の機械化など、総合的な合理化を進めています。合理化努力とその実現率は高い水準にあります。

ただ、公共サービス機関としての鉄道は、早朝・深夜勤務や終電車後の保線作業が端的に示すように、典型的な労働集約型産業といえます。

このため、好景気のときでも鉄道部門の新規採用を抑えていますが、それでも人件費など固定費の占める割合が大きく、輸送コストは上昇しています。

より安心・便利な鉄道を目指して

  • 環境への取り組み
  • 安全への取り組み
  • 利便性向上への取り組み
  • マナーアンケートの結果
  • ウォーキングコースの紹介
  • 車両紹介